【スポンサー】


2015年の初開花

今年の5月は暖かったですね。

そのせいか、我が家では、エドゥリス紫の亜種(紫100)が2014年よりも10日も早く初開花しました。2015年初開花昨日夕刻より、蕾の先端に白い花びらが透けていましたので、今日咲くだろうと思っていたのですが、今日、日曜日は私は仕事で不在だったのです。そのため妻に写真撮影と授粉を一任していました。
エドゥリス紫系の開花時間は一般に9時30分~10時頃です。9時30分頃から待機していれば花がひらくようすを観察できると教えておいたのですが、妻が9時30分に見たときにはもう開花は終わっていたとのことです。今日も暑い日でしたので、開花時間も早まったのでしょう。

そして気になるのは、この花が結実する花だったのか結実しない花だったのかですが、2015初開花授粉これは雌しべが雄しべの方に接近している、結実する花です。開花後一時間くらいたつと、生殖能力のある花の場合、このように雌しべが雄しべに接近するように倒れます。
なお、雄しべは本来5個付いていますが、人工授粉のために3個使用した後に撮影した写真であるために2個しかついていません。雌しべの先には花粉がべったりの付いているのがわかりますので、明日の朝には実が少し大きくなっていることでしょう。

しかし、ここまで暖かいと、逆に今のような時期に30℃を超える日が続くのが怖くなります。もし、そうなると、花芽が黄色くなって落ちてしまうのです。そろそろ梅雨の走りから梅雨となり、暫くはそのような高温にはならないのが普通なのですが、今年はどうなるでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。