パッションフルーツへの夢

まず、写真のない殺風景な記事となることをお許しください。

と申しますのは、

私の頭にしか無い風景について記すことになるからです。

サイト名の『魅惑のパッションフルーツ』から、多くの方は察しがつかれていると思いますが、

私は、グリーンカーテンに良し、香味良しの果実のパッションフルーツに魅せられています。そのことは、他の記事でも語っておりますので、「しつこい!」と怒られる前にこれくらいでやめておきます。

今年は、二年目の大きな株をグリーンカテンのネットに這わせました。順調であれば、苗からスタートを切った昨年よりも、充実したグリーンカーテンになり、多くの収穫が得られるでしょう。

しかし、私の頭の中は、今年予測される結果にはとどまらないのです。

それは、

「なんとかパッションフルーツの農場を開けないか?」という想いがあるからなのです。

経済的にも、未だ二人の息子の教育費に追われておりますので、不可能かと思えますし、

今、私の頭の中にある風景には、技術的な矛盾点があるのかもしれません。ましてや採算など無視です。しかし、これが私の頭の中だということを出し切って、そこからまた考えればいいのかな?と思います。

私の頭の中にあるパッションフルーツ農場像は、

気候の変動や季節に無関係に、パッションフルーツを安定生産できる農場です。

そのためには、

①室内でパッションフルーツを栽培する
②建屋は大雪や台風でびくともしない平屋であること
③南向きに傾斜を持つ一枚構造の屋根であること
④屋根にはソーラーパネルを満たすこと
⑤植物栽培用のLEDによりパッションフルーツに明かりを照射する
⑥温湿度を完全コントロールする
⑦水耕栽培を研究・実現する

これが全てです。

実現するためには、恐らく、かなりの費用が必要でしょう。採算を合わせることも無理かもしれません。だから夢なんだと考えますが、少しづつでもそれに近づく方法は無いのか?と自問する毎日です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください