パッションフルーツのグリーンカーテンに気になる奴が

夏本番になると、こやつを見かけるようになりますが、アオバハゴロモ1
飛ぶ虫ですので、たまに見かけるだけであれば気にも留めません。

綺麗な薄緑色で、美しい形状の羽を持った虫ですよね。アオバハゴロモという正式名称がその美しさを物語っています。

この虫を見ると、少年の頃の夏休みを思い出すんです。夏と言えば、クワガタやカブトムシが男の子の定番なのでしょうが、私は全ての生き物に興味があったのです。ですから、庭を隈なく観察して歩くことが当たり前でした。アオバハゴロモが垣根などに沢山いましたので、そこも観察対象でした。ススっと横に逃げる動きと飛ぶ姿が面白くて、よく棒でつついたものです。私はアオバハゴロモを”ハト”という愛称で呼んでいましたが、それは歓迎すべき存在と捉えていたからです。正式名称を知ったのは、実は今日なんです。

『どこから飛んできたのかな』というのが、今日”ハト”をパッションフルーツのグリーンカーテンに発見したときの感想です。歳をとっても、そこにはやはり歓迎ムードがありました。

しかし、私の中で”ハト”に対する感情は急変していきます。

1匹目の発見は、アオバハゴロモがここにいる
少年の頃を思い出させてくれました。

しかし、ここにもここにもそして葉には吸汁の痕跡
あちこちにいます(部)。このあたりで異変に気付き、付近の葉をよくよくチェックすると、まさかの斑点状の吸汁痕(部)。現場を押さえた訳ではありませんので犯人とは決めつけられませんが、重要参考人とするには十分な状況証拠でしょう。蔓の先端付近によくいるようですので、若い葉ばかりを狙っては吸汁する悪い奴の可能性濃厚です。

当然ながら、周囲の葉も見てみますと、アオバハゴロモ吸汁痕
”やはり”と確信するしかない状況です。

そしてインターネットで『緑色 飛ぶ虫』と検索し、該当する画像のあるサイトで正式名称”アオバハゴロモ”を特定。・・・駆除のためには相手を知ることが必要だからです。
しかし、その姿や樹勢が少し減退する程度と害が少ないということで、社会的にアオバハゴロモを害虫とする認識は薄いようで、指定薬剤もありません。吸汁食性であることから、土に撒き根に吸わせることで植物全体のアブラムシを駆除するオルトランは効くだろうと推定し、先程根本に撒きました。

因みに、アオバハゴロモの幼虫は、

アオバハゴロモの幼虫
Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License.

このように、白い粉の中を動く綿のように見えます。この姿からは害虫のイメージが沸きますね。そもそも、植物に付いているからには、植物の何かをエサにしていることは間違いありません。

パッションフルーツは病害虫が付きにくいと言われています。アブラムシだけをマークしていればよい。と認識していましたが、若い蔓の樹勢を弱め、成長を遅らせかねない、思わぬ伏兵がいることがわかりました。


「パッションフルーツのグリーンカーテンに気になる奴が」への2件のフィードバック

  1. 初めまして、毎度、楽しく拝見させていただいてます。

     わたしも3年越しの念願かなって、5月からPF栽培をはじめました。小苗8品種を購入して、鉢増しで大苗に育ててから、キュウリネットで露地植付け栽培です。現在、主軸1,8m摘心で、側枝は両翼2,0m強まで伸長しました。先日来、自家受粉種がぽつぽつ開花を始めたので、人工受粉すると子房が緑になって膨らみだしました。

     今後も、貴サイトを参考にさせて戴きながら、PF栽培ライフを楽しんでゆきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    追伸:殺虫剤オルトラン粒剤には、成分の浸透移行性がありますので、食用果実栽培には適さないでしょう。害虫予防・駆除には、浸透移行性のない「マブリック水和剤20」(フルバリネート水和剤)か、「フェニックス顆粒水和剤」を使用するほうが安心安全です。なお、ネオニコチノイド系7成分の殺虫剤も、強い浸透移行性と残留性が指摘され、初期の「人には無害」のキャッチコピーが覆っているので避けたほうが良いと思います。

    1. haru様

       はじめまして、

       思い入れ強くパションフルーツを楽しまれている様子に共感いたします。同時に、羨ましい限りの環境で栽培されておられることが目に浮かびます。

       こちらこそよろしくお願いいたします。

       今後は、秋の実の収穫にチャレンジしていきます。私の住む地域は、冬は-5℃になることもあるのですが、グリーンカーテンもその例外ではありません。ご近所で、外で冬越しした例がありますので、我が家でも不可能ではないと考えています。行燈仕立ては、実を付けたまま家に取り込みます。
       また、挿し木もどうやらうまくいきましたので、そちらの冬越しの様子もお伝えしようと思います。
       このように、一年中楽しめるということを重点的に発信しようと考えております。余談ですが、発信力を高めるためにYahoo!カテゴリへの登録申請をしてみました。相当な内容の濃さが必要らしいので非常にチャレンジングなことなのでしょうね。

       殺虫剤の件、とてもお詳しいようで、貴重なアドバイスいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください