【スポンサー】


この実はどうなるかな?

これは、10月2日に室内で咲いたエドゥリス黄実の花です。エドゥリス黄実の花は、直径90mmで、一般的なエドゥリス紫の花(約70mm)よりも一回り大きく、実も大きくなります。
2014-15冬越し初のエドゥリス黄実の花

エドゥリス黄実は、自分の花粉では実を付けない自家不親和性種ですので、紫100(エドゥリス紫の亜種)の花粉で受粉させておきました。

そして、それから、ひと月余り。20141104エドゥリス黄実授粉後一月実はツヤツヤで硬く、生き生きしていますが、大きさが50mmしかありません。外の夏の環境ならば、10日余りで最大サイズの90mm程度になるのですが、室内では大きくなれないのかもしれません。

とにかく、今後どうなるか見守ってみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください