【スポンサー】


パッションフルーツ植え込み初期、成長が止まっている

4月26日に、パッションフルーツの株を家から出し、グリーンカーテン用に植え込みました。2014年仕様グリーンカーテンの植え込み&誘引完了今日は、それから4日目になります。

そこで、パッションフルーツの様子を観察してみました。

家の中に置いていた時に、非常に伸び盛りだった蔓の動きを見ることにより、外に出してからの成長を見ることが目的です。外に出す直前の頃には、4日間あれば、裕に10cmは伸びていた蔓ですので、外に出てからの成長を比較するには適切だと思ったのです。

その蔓を観察しますと、20140430の蔓ひげを自力でネットに巻きつけたようですが、正直言ってまったく伸びていません。

パッションフルーツの適正育成温度は、20℃~30℃と言われています。ですから、まだ最低気温が12~13℃程度ということが影響しているのですね。そういえば、家の中は20℃程度ですので、外に出す前にはグングン伸びていたことも頷けます。

大きなプランターに植え替えると、最初は根を張るので地上の動きがおとなしいということも聞いたりもしますが、多少根をほぐして植え込んだとは言え、家の中の鉢の時の土がかなり根に絡んでいる筈なので、成長が止まった原因としてはこれはどうかな?と疑問がありますね。

今後、この蔓に動きが見られるまで追跡してみますね。

まぁ、どちらにせよ、私からすれば見守る時のようです。せっかちな私には辛いことですが。

【2014.05.26追記】同じ蔓の伸びを見てみました。20140526成長比較蔓赤矢印で示した4月30日の写真で上の方に位置していたまきひげが、5月26日には写真の下の位置になっています。ネットの一マス分くらい伸びていますので、一月弱の間の伸びは10cm程度ということになります。旺盛な時期には1日でその程度伸びますので、まだまだおとなしい成長です。先端を良く見ると小さな花芽があります。

ただ、この蔓を凌ぐ速度で伸びる蔓が出現しました。20140526成長の速い蔓この蔓も冬越し終盤の3月末頃に、勢いよく伸びてきたものです。見るからに、勢いがありますね。4月末には、先端が写真中央の横棒よりも下だったので、同じような期間に30cm以上伸びたことになります。花芽も、横棒のところの大きな葉の節から連続して付いています。

『少しづつ暖かくなり、徐々に動き出した』といったところですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください