【スポンサー】


「黄果皮ジャンボパッションフルーツ」タグアーカイブ

でかっ!!

昨日までの大雨はたいへんでした。私の住む地域でも断水が続いています。

引き続き、茨城県常総市では、救出活動がおこなわれているようです。きょうは大学非常勤講師の仕事もバイトも休みなのですが、PCの横にスマホを置いて、ニュースを見ながら過ごしています。

被害にあわれた皆様には、重ね重ねお見舞い申し上げます。

さて、我が家のパッションフルーツ棚には、20150911棚のようす赤紫果皮ジャンボ、黄果皮ジャンボ、エドゥリス黄実の大実系のパッションフルーツの果実がぶら下がっています。
ジャンボ系については、その多くが既に自然落下し、追熟中です。追熟中のものは、洗濯バサミで棚に吊るしています。ジャンボ系は、そのように外で追熟するとよいようなのですが、カラスに味を覚えられたらたいへんだなと心配もしています。ただ、今のところはカラスも近づいてきませんので、このままいきたいと思います。棚を眺めた景色も良いですし。

ところで、昨日、最も大きい黄果皮ジャンボが落ちていました。でかっ普通のエドゥリス紫の果実と比べると、この大きさです。この画像のエドゥリス紫は、約60mmの長さです。それからして、黄果皮ジャンボの方は100mmありそうです。

それもその筈、200gオーバー重さを測ると、200gオーバー!!。これはジャンボ系でも※キングサイズです。

このサイズは十分に養分を吸収して育った証拠だと思います。今までに食べた黄果皮ジャンボは酸味が強かったですが、個体差によって甘かったりして?なんて期待もしてしまいます。
一方で、少し味見して『やはり酸味が・・・』だった場合を想定し、酸味を生かすレシピを考えておいた方がいいかもしれません。すでに公開していますが、アイスココアとかにしようかななどと考えています。

※ジャンボ系の重さは~200gと言われています。ただし、個体によって、100g程度のものも存在し、200g付近のものは稀なようです。


   【スポンサー】