【スポンサー】


「パッションフルーツ秋の開花」タグアーカイブ

パッションフルーツが秋の開花を開始

我が家の行燈仕立て(素性は不明ですが、実のサイズが70mm前後で赤っぽいのでたぶんルビースター)が秋の開花を始めたようです。

雨模様のせいなのか、気温21℃とパッションフルーツが開花する時期としては涼しいせいか、春~夏は通常9:30頃の開花だったのですが、10:40頃二つ開花しました。パッションフルーツ秋の花1パッションフルーツ秋の花2これらの写真は、開花後間もないものですが、雌しべが雄しべに接近してくる実を付ける花ならいいな。と思いつつ見守っています。

今日は雨ですので、花が雨に打たれないようにしなければなりません。元々、軒下の雨の当たりにくい場所に置いてあるのですが、行燈仕立てをカ^ポートの下に退避念のためにカーポートに移動。少なくとも17:00過ぎまでは車は戻ってきませんので、問題ないでしょう。授粉後2時間以上経過すれば、受粉結果は確定しますので、その後元の場所に戻します。(直径38cmと10号鉢を上回るサイズの鉢を使っている株ですので、少々重かったですが、)行燈仕立てはこういう時に便利ですね。

開花の約1時間後、花を見ると、ルビースター秋1開花1時間後ルビースター秋2開花1時間後二つとも雌しべが雄しべに接近するように寝ていました。これは結実する花に間違いありません。

そこで、念入りに人工授粉しておきました。ルビースター秋1授粉ルビースター秋2授粉きちんと花粉は付いているようですが、夏の花が終わった7月9日以来の人工授粉ですので、うまく受粉するかちょっと心配です。

この行燈仕立ては、実を付けたまま10月末頃には家に入れる予定です。家の中で実がぶら下がっているのを見て過ごすことになれば、これもまた楽しいだろうなと思います。

受粉結果は明日確認してみます。

【2014.08.29追記】結実したかを今朝6:30頃確認しました。受粉成功20140829-1受粉成功20140829-2両方とも、子房は白~薄緑になっており、少し大きくなっています。明らかに授粉成功しています。10月末頃には株を家に入れますので、この実は、家の中で熟すことになると思います。その環境で、実がどうなるかを観察できますので、新たな楽しみが増えました。